Hello Everyone, this is Sputniko! (*´∀`*) The "Talk to Me" exhibition in MoMA New York finally began on July 24th, where Sputniko!'s brand new film 'Crowbot Jenny' was released! In my new work I really tried to push the boundaries of Art, Pop Music and Online Media - which has been a fun challenge! You can read more details about the research of this project here. I'm showing Menstruation Machine, Takashi's Take in the same exhibition at MoMA too. The photograph on the right (2) is from MoMA's "Talk to Me" show opening. It was packed with SO MANY people! (Maybe 1000?) The 'Talk to Me' exhibition is receiving very good reviews and I heard there are queues of people trying to see the works. CNN Money featured Sputniko!'s works in their video news too. The exhibition, curated by Paola Antonelli (MoMA Senior Curator), explores the communication between people and objects - my works are in the category "Double Entendre". You can read more detail of the exhibition concepts here. For the first time, I released the "Crowbot Jenny" music video on iTunesand Recochoku!. It's already released in Japan at the moment, but I think you need to wait a little longer for the international release. You'll be able to download the English version of "Crowbot Jenny", as well as a Long Version which is easier to mix for DJ plays.

Download Crowbot Jenny

iTunes: http://itunes.apple.com/us/album/id453186856?l=ja&ls Recochoku: http://recochoku.com/f/sputniko/ Also the long-awaited, official Sputniko! T-shirts are now available online! There are both black and white models - black is only for girls, and White is Unisex. As already explained in the project site, Crowbot is a device which is able to communicate with crows. I collaborated with crow specialists from University of Cambridge (UK), University of Utsunomiya (Japan) and University of Tokyo (Japan) who provided me with sample crow calls - such as "Hello", "I'm in Danger", "I love you" or "Where is my Child?" - which I installed inside the Crowbot. From that collaboration I learned that crows are capable of advanced social communication, and even of reading other animals’ minds. Crowbot Jenny contemplates the potential of cross-species interaction, suggesting a scenario in which technology lets us re-realize the urban animals surrounding us. The video on the right (3) shows the prototype testing of Crowbot in London's Finsbury Park. You can see that a real crow is responding to my "Hello" Calls from the Crowbot. Anyhow, I hope you guys enjoy my new work. This year Sputniko! will be creating even more crazy works to conquer this universe... so please watch this space (*´∀`*) L O V E Sputniko!
みなさん、こんにちは。 スプツニ子!です。

2011年7月24日、ついにニューヨーク近代美術館(MoMA)の"Talk to Me"展がスタートし、スプツニ子!の新作映像「カラスボット☆ジェニー」がMoMAデビューしました! 今回の映像作品では、アート的、ポップス的、オンラインメディア的にも色々と挑戦をしちゃってるけど、スプ子的にはオールオッケー。 MoMAでは、他にも昨年Youtube公開された「生理マシーン、タカシの場合。」も展示中です。

ちなみに、ページ右側の写真(2)は、物凄い人が集まっていた(1000人くらい!?)MoMAでの展覧会オープニング時の様子!

Talk to Me展の米国での注目度はすごく高いみたいで、毎日行列が出来ているそう。CNNニュースにも動画でSputniko!の展示と作品が取り上げられました! オブジェクト同士のインタラクションやコミュニケーションをテーマにした展覧会で、11月まで開催されています。キュレーターはMoMAの建築・デザインのシニアキュレーター、Paola Antonelliさん。展覧会コンセプトや作品の詳細が載っている公式ウェブサイトはコチラです。

今回は初めてiTunesレコチョクでも音源&映像配信をスタート。 「カラスボット☆ジェニー」の英語バージョン楽曲とDJプレイにも使えるロングバージョン楽曲を合わせて配信、映像は8/17から配信スタートされます。

スプ子!新作音源&映像の購入はこちらから!
iTunes: http://itunes.apple.com/us/album/id453186856?l=ja&ls
レコチョク: http://recochoku.com/f/sputniko/
(レコチョクQRコードはページ右側(4)にあります)

そして待望の公式スプツニ子!Tシャツもこちらで通信販売スタートしました☆ 黒・白、両モデルあります。黒はレディースTオンリーですが、一番大きいサイズがメンズのSだと思う...ガタイの良いスプ子(身長173cm)が着れるので、おそらく男性のみなさん着られると思います!!

というコトで、iTunes配信も新Tシャツも、スプツニ子!新作祭、皆さん是非ぜひ一緒に盛り上げまっしょうッ!☆ 「カラスボット☆ジェニー」の内容はサイトでも解説していますが、今回の作品は、英国のケンブリッジ大学(Nathen Emery教授、Nicola Clayton教授)、宇都宮大学(杉田昭栄教授)、東京大学(樋口広芳教授)の鳥類研究者の方々とのお話やリサーチを元にカラスと会話の出来るロボット「カラスボット」を開発。研究者の方々から提供された「挨拶」「警戒」「求愛」から「子カラスを探す母親(!)」まで様々なカラス語音声ファイルをカラスボットに搭載し、カラスとの一対一コミュニケーションを試みています。 ページ右側(3)の動画は、ロンドンのフィンズブリーパークで行われた、実際のカラスボットテスト風景の映像。「カーカーカー」と3回鳴いて挨拶するカラスボットに、本物のカラスが応答しています☆

サイボーグ哲学者ダナ・ハラウェイの新著「When Species Meet (2007)」に触発され、動物とのコミュニケーション・交流について動物学者達とリサーチした結果生まれた今作品ですが、他動物種との新作も現在絶賛開発中なので、楽しみにしていて下さい!

それでは皆さん、1年ぶりのスプツニ子!新作祭ですが、これからもドシドシ新しい作品出して宇宙征服していっちゃおうと思っているので、みなさん、引き続きどうぞよろしくお願いします!

L O V E
スプツニ子!

1. New Sputniko! Film - "Crowbot Jenny"




Jenny is a reclusive tech-girl who finds it rather difficult to communicate with other people. In 2011 she feels even more isolated as more of her peers hyper-communicate with various SNS. Secretly, she starts studying her lab professors' papers to build the Crowbot, a robot that allows her to communicate with crows. Using her Crowbot, Jenny begins to simulate crow communication in her lab, hoping to one-day interact with other non-human species.
人と交流するのが苦手な理系女子「ジェニー」。ツイッターやフェイスブックで同世代の子達が盛んに交流する2011年、馴染めないジェニーだけは強い疎外感を感じていた。そんなジェニーは、彼女のバイオロジー研究ラボの教授の論文を見ながらカラスと会話の出来るロボット「カラスボット」を開発してしまう。こっそりラボでシミュレーションをしながら人間以外の動物種との交流を試みるジェニーは...?

2. MoMA "Talk to Me" Opening Party



3. Crowbot Testing in Finsbury Park



4. Recochoku QR Code