Red Silk of Fate - Tamaki's Crush (2016)

Project by Design Fiction Group, MIT Media Lab / Commissioned by Fukutake Foundation
Exhibited permanently at Sputniko!'s Teshima 8 Million Lab in Benesse ArtSite Naoshima, from 2016 March 20.

Red String of Fate is an East Asian mythology in which gods tie an invisible red string between those that are destined to be together. Sputniko! has collaborated with scientists from NIAS in engineering silkworms genetically to spin this mythical 'Red String of Fate' by inserting genes that produce oxytocin, a social-bonding 'love' hormone, and the genes of a red-glowing coral into silkworm eggs (photograph of the actual oxytocin-induced red silk, developed in 2015, on the right). Science has long challenged and demystified the world of mythologies - from Galileo's belief that the earth revolved around the sun to Darwin's theory of evolution and beyond - but in the near future, could science be recreating our mythologies?
The film Red Silk of Fate - Tamaki's Crush unravels a story around the protagonist Tamaki, an aspiring genetic engineer, who engineers her own "Red Silk of Fate" in the hope of winning the heart of her crush, Sachihiko. She sews the "Red Silk of Fate" into her favorite scarf in order to win the love of her dreams, but strange, mythical powers start to inhabit her creation....

Special Thanks to:
NIAS (National Institute of Agrobiological Sciences) Transgenic Silkworm Unit
Hideki Sezutsu - Technical Advisor
Ken-ichiro Tatematsu - Development of Red Silk of Fate
Sayaka Kobayashi - Egg production of transgenic silkworms
Keiro Uchino - DNA injection into silkworm eggs
Tetsuya Iizuka - Breeding of transgenic silkworms
Toshihiko Misawa and Kaoru Nakamura - Rearing of transgenic silkworms
Kaoru Nakamura - Rearing of transgenic silkworms
Shuichiro Tomita - Practical silk production
Kenichi Nakajima - Production of raw silks
Eiichi kobayashi- Public Relations

Articles:
New Sputniko! music video presents modern take on traditional myth, inspired by real life science
Teshima 8 Million Lab(Official Benesse Artsite Naoshima page)
About Sputniko!'s Teshima 8 Million Lab(Official Benesse Artsite Naoshima page)
Sputniko! Merges Mythology and Science in New Art Installation on Teshima (Spoon & Tamago blog)
Seto Inland Sea arts festival off to yet another roaring start (Asahi Digital, with Video)
TL Magazine - Benesse ArtSite Naoshima
スプツニ子!による「豊島八百万ラボ」とは? (ベネッセアートサイト直島公式ページ)
豊島八百万ラボ(ベネッセアートサイト直島公式ページ)
瀬戸内国際芸術祭が開幕 今年はアジアとの交流に重点(朝日新聞デジタル)動画アリ
スプツニ子!さんアート語る 瀬戸内国際芸術祭で「豊島八百万ラボ」(山陽新聞)動画アリ
豊島にスプツニ子!さんラボ完成 島民に紹介「縁結びの場に」(山陽新聞) 動画アリ

運命の赤い糸をつむぐ蚕 - タマキの恋 (2016)

Project by Design Fiction Group, MIT Media Lab / この作品は瀬戸内国際芸術祭2016よりスプツニ子!常設施設「豊島八百万ラボ」で展示されています。会期中以外も見られるので、ぜひ豊島に観に来てください!

STORY
遺伝子工学を研究する豊田玉姫は、同じ研究室の先輩である山田ジョン幸彦に恋こがれるあまり、「運命の赤い糸をつむぐ蚕」を自ら生み出そうとする。お気に入りのスカーフに「運命の赤い糸」を縫い付け、いざ幸彦先輩に会おうとする玉姫だが、予想外の力が彼女に宿りはじめ...

古事記や日本書紀に登場する海の女神・豊玉姫は、「豊島」の名前の由来とも言われ、愛する山幸彦との間に授かった子を鮫の姿になって産んだと言われています。作品に登場する「運命の赤い糸をつむぐ蚕」も、農業生物資源研究所との協力によって、人が恋におちる成分オキシトシンと、赤く光る珊瑚のタンパク質を作る遺伝子を導入して生み出された異動物種のハイブリッド(右写真は2015年に生物研と共に開発した、実際にオキシトシンと赤色蛍光タンパク質が導入されたシルクです。)近年の生命工学の発展で、神話のように人や動物種の境界概念は曖昧になってきています。ガリレオの地動説やダーウィンの進化論など、時に神話に疑問を投げかけてきた科学が、近い将来には神話を創造し具現化していくのかもしれません。

技術協力:国立研究開発法人 農業生物資源研究所
瀬筒 秀樹  テクニカルアドバイザー
立松 謙一郎  運命の赤い糸をつむぐカイコ開発
小林 さや香  遺伝子組換えカイコ交配・採卵
内野 恵郎  カイコ卵への遺伝子導入
飯塚 哲也  遺伝子組換えカイコ育種
三澤 利彦  遺伝子組換えカイコ飼育
中村 薫  遺伝子組換えカイコ飼育
冨田 秀一郎 遺伝子組換えシルク実用化
中島 健一  運命の赤い糸(生糸)生産
小林 栄一  研究広報
※他クレジットは映像エンドロールに掲載

作品記事
スプツニ子!による「豊島八百万ラボ」とは? (ベネッセアートサイト直島公式ページ)
豊島八百万ラボ(ベネッセアートサイト直島公式ページ)
瀬戸内国際芸術祭が開幕 今年はアジアとの交流に重点(朝日新聞デジタル)動画アリ
スプツニ子!さんアート語る 瀬戸内国際芸術祭で「豊島八百万ラボ」(山陽新聞)動画アリ
豊島にスプツニ子!さんラボ完成 島民に紹介「縁結びの場に」(山陽新聞) 動画アリ




Above: photograph of the first "Red Silk of Fate" engineered by NIAS
Photo taken by Professor Hideki Sezutsu, December 2015

Red Silk of Fate - real silkworms' eyes glowing


The silkworms' eyes glow when they're genetically engineered to produce RFP/GFP.



スプツニ子