Sputniko!

Photo by Yoko Shinozuka
Born 1985. Artist, lives and works in Boston and Tokyo.
MIT Media Lab Assistant Professor

Representing Gallery (Japan): SCAI THE BATHHOUSE

Profile

Born in 1985, Sputniko! is a Japanese/British artist based in Boston and Tokyo. After majoring in Mathematics and Computer Science at Imperial College, London, she went on to pursue a Masters in Design at the Royal College of Art.  Sputniko! is known for her film and multi-media installation works inspired by how technology changes society and people’s values –  in particular focusing on gender issues. She has recently presented her works in exhibitions such as the 2016 Setouchi Art Trienniale (where she created her first permanent art pavilion at the Benesse Art Site Naoshima on Teshima), “NEW SENSORIUM” at the ZKM Art Center in Germany (2016), “The Universe and Art” at the Mori Art Museum (2016), “Collecting Future Japan – Neo Nipponica” at the Victoria & Albert Museum (2016).  Since 2013, Sputniko! has been an Assistant Professor at the MIT Media Lab where she directs the Design Fiction research group. To date, she has had pieces included in the permanent collections of museums such as the V&A and the 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa.

Selected Exhibitions / Festivals

  • 2016 “Setouchi Art Triennial (Permanent Project)” Teshima Island, Benesse Artsite Naoshima, Japan
  • 2016 “GLOBALE: New Sensorium – Exiting from Failures of Modernization” The ZKM Center for Art and Media, Karlsruhe
, Germany
  • 2015 “Anti-Adaptation Struggle (Solo Exhibition)” Omotesando Gyre, Tokyo, Japan
  • 2015 “Killer Heels” The Albuquerque Museum, Albuquerque, NM, USA
  • 2015 “Tranceflora – Amy’s Glowing Silk (Solo Exhibition)” Gucci Gallery Shinjuku, Tokyo
  • 2015 “In Our Time: Art in Post-industrial Japan” 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa, Japan
  • 2015 “JUMP” Towada Art Center, Aomori, Japan
  • 2014 “The Future is Not What It Used To Be” 2nd Istanbul Design Biennial, Istanbul
  • 2014 “The GREAT Small: Gender Design Exhibition” Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong
  • 2014 “Killer Heels” Brooklyn Museum, New York
  • 2013 “Tokyo Art Meeting Bunny Smash” Museum of Contemporary Art(MOT), Tokyo
  • 2013 “Takamatsu Contemporary Art Annual – Daydreams” Takamatsu City Art Museum, Takamatsu, Japan
  • 2013 “Foo” Kunsthall Grenland, Norway
  • 2012 “Otomachi Senju no En” Art Access Adachi, Tokyo
  • 2012 “Anonymous Life” NTT InterCommunication Center, Tokyo
  • 2012 “The 3rd Art & Science International Exhibition” China Science and Technology Museum, Beijing
  • 2012 “Daikanyama Art Street” Daikanyama Hillside Terrace, Tokyo
  • 2012 “Sputniko! Loves London” Seibu Department Store, Tokyo
  • 2012 “Light of Silence” Aomori Museum of Art, Japan
  • 2012 “Hyper Archipelago” Omotesando Gyre, Tokyo
  • 2011 “Talk to Me” Museum of Modern Art (MoMA), New York
  • 2011 “The 14th Japan Media Arts Festival” The National Art Center, Tokyo
  • 2011 “Tweet Me Love, Sputniko!” (Solo) Omotesando Gyre, Tokyo
  • 2010 “Tokyo Art Meeting Transformation” Museum of Contemporary Art(MOT), Tokyo
  • 2009 Ars Electronica, Linz, Austria

 

Awards/Selections

  • 2015 [30 Talented Women Under 30] Madame Figaro(France)
  • 2014 [100 Most Influential People of Japan] Nikkei Business
  • 2013 [Women of the Year] VOGUE JAPAN
  • 2013 [Honorary Mention] Ars Electronica Hybrid Art Award《Nanohana Heels – Healing Fukushima》
  • 2012 [Passion without Borders Award] Japan National Policy Unit
  • 2012 [Honorary Mention] Ars Electronica Interactive Art Award《Menstruation Machine, Takashi’s Take》
  • 2011 [20 designers who will influence the Next Decade] Rolling Stone Magazine(Italy)
  • 2011 [Creativity 50 – 50 Creatives of 2011] Advertising Age Magazine(USA)
  • 2011 [Nomination] Singapore Art Museum: APBF Signature Art Prize《Menstruation Machine, Takashi’s Take》
  • 2010 [Jury recommended works] The 14th Japan Media Arts Festival 《Crowbot Jenny》
  • 2010 [Winner of Technology Category] Youtube Japan Video Awards《Menstruation Machine, Takashi’s Take》
  • 2009 [The Next Idea Award] Ars Electronica 《Open_sailing》(Collaboration With Cesar Minoru Harada)

 

CV

  • 2010 Royal College of Art, Design Interactions, MA
  • 2006 Imperial College London, Mathematics and Computer Science, BSc(1st Class)

Sputniko! (スプツニ子!)

    Photo by Yoko Shinozuka
  • 現代美術家 / 1985年東京生まれ、ボストン・東京在住。
  • マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教、デザイン・フィクション研究室主宰
  • 事務所(日本):ボンイマージュ
    所属ギャラリー: SCAI THE BATHHOUSE

プロフィール

インペリアル・カレッジ数学科および情報工学科を卒業後、英国王立芸術学院(RCA)デザイン・インタラクションズ専攻修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像インスタレーション作品を制作。 最近の主な展覧会に、「第3回瀬戸内国際芸術祭」(常設作品「豊島八百万ラボ」)「NEW SENSORIUM」(ZKMアートセンター、ドイツ)など。2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教に就任し Design Fiction Group をスタート。VOGUE JAPAN ウーマン•オブ•ザ•イヤー2013受賞。2014年FORBES JAPAN 「未来を創る日本の女性10人」選出。2016年 第11回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」受賞。2016年4月よりスーパープレゼンテーション(NHK)のMCを務める。著書に「はみだす力」

主な参加展覧会・フェスティバル

  • 2016年「Collecting Future Japan」Victoria & Albert 美術館(ロンドン)
  • 2016年「New Sensorium」ZKM アートセンター(カールスルーエ、ドイツ)
  • 2016年「第三回瀬戸内国際芸術祭」ベネッセアートサイト(香川県豊島)
  • 2015年「北京国際写真ビエンナーレ」北京中央美術学院美術館(北京、中国)
  • 2015年「Killer Heels」Albuquerque美術館(ニューメキシコ州、アメリカ)
  • 2015年「Tranceflora - エイミの光るシルク (個展)」 GUCCI新宿(東京)
  • 2015年「われらの時代:ポスト工業化社会の美術」 金沢21世紀美術館(金沢)
  • 2015年「ジャンプ」 十和田市現代美術館(青森)
  • 2014年「The Future Is Not What It Used To Be」イスタンブール・デザイン・ビエンナーレ (トルコ)
  • 2014年「The GREAT Small: Gender Design Exhibition」 Hong Kong Polytechnic University(香港)
  • 2014年「Killer Heels」ブルックリン美術館(ニューヨーク)
  • 2013年「東京アートミーティング うさぎスマッシュ」東京都現代美術館(東京)
  • 2013年「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.03 DAYDREAMS/夢のゆくえ」高松市美術館(高松)
  • 2013年「Foo」Kunsthall Grenland(ノルウェー)
  • 2012年「ADACHI HIPHOP PROJECT」アートアクセスあだち(東京)
  • 2012年「アノニマス・ライフ」NTT ICCギャラリー(東京)
  • 2012年「第3回国際科学芸術展」中国科学技術館(中国・北京)
  • 2012年「代官山アートストリート」代官山ヒルサイドテラス(東京)
  • 2012年「スプツニ子!ラブス・ロンドン」渋谷西武百貨店全館(東京)
  • 2012年「超群島 -Light of Silence」青森県立美術館(青森)
  • 2012年「超群島 - Hyper Archipelago」表参道GYRE(東京)
  • 2011年「Talk to Me」ニューヨーク近代美術館(MoMA)(ニューヨーク)
  • 2011年「第14回文化庁メディア芸術祭」国立新美術館(東京)
  • 2011年「Tweet Me Love, Sputniko!」(個展)表参道GYRE(東京)
  • 2010年「東京アートミーティング トランスフォーメーション」東京都現代美術館(東京)
  • 2009年「アルス・エレクトロニカ」(リンツ、オーストリア)

受賞歴

  • 2016年:第11回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」
  • 2015年:仏Le Figaro誌「世界の才能ある30歳以下の女性30人」
  • 2014年:FORBES JAPAN 「未来を創る日本の女性10人」
  • 2014年:一般社団法人デジタルメディア協会19th AMD Award新人賞
  • 2014年:日経ビジネス THE 100 日本の主役100人
  • 2013年:VOGUE JAPAN ウーマン•オブ•ザ•イヤー 受賞
  • 2013年:アルス・エレクトロニカ Hybrid Art [Honorary Mention] 受賞 《菜の花ヒール》
  • 2012年:国家戦略担当庁 [世界で活躍し『日本』を発信する日本人 (Passion without Borders)] 選出
  • 2012年:アルス・エレクトロニカ Interactive Art [Honorary Mention] 受賞 《生理マシーン、タカシの場合。》
  • 2011年:米Advertising Age誌「2011年を象徴するクリエイティブ50人」
  • 2011年:伊Rolling Stone誌「今後10年に最も影響を与えるデザイナー20人」
  • 2011年:シンガポール美術館 [APBF Signature Art Prize] ノミネート 《生理マシーン、タカシの場合。》
  • 2010年:Youtube Japan Video Award [テクノロジー/乗りもの部門]受賞 《生理マシーン、タカシの場合。》
  • 2010年:第14回文化庁メディア芸術祭[審査委員会推薦作品]受賞 《カラスボット☆ジェニー》
  • 2009年:アルス・エレクトロニカ[the next idea] 受賞 《Open_sailing》

経歴

  • 英国Royal College of Art 大学院 Design Interactions専攻修士課程修了(2010年)
  • ロンドン大学インペリアルカレッジ 数学・情報工学部卒業(2006年:1st Class)
スプツニ子 SPUTNIKO